2017年11月13日

稲刈りをしました

  • 年長組

本日、年長組がむしゃむしゃ農園で稲刈りをしました。

6月に田植えをしてから、いつお米ができるのか

稲刈りをするのはいつなのか心待ちにしていた年長組です。

 

いよいよ!稲刈り!

「お米ができてる。」「何粒あるのかな?」

稲刈りの仕方をまずは先生に教えてもらいます。

鎌は使い方によって、とても危険であることを知らせ

どう使えば安全なのか皆で考えられるようにします。

一方的に伝えていくのではなく応答的にやり取りをする事で

子ども達が自ら約束を守る必要性を感じるのです。

 

稲刈りの仕方を知って、次は僕達・私達の番!

手を守る為に手袋をつけよう。

わくわくするね~

腰を曲げて足で踏ん張って…

ザクッ ザクッ ザクッ

鎌から伝わる何とも言えない感触。

真剣な表情です。

「もっと、お尻をあげて!」「稲の下の方を持つといいよ。」

「頑張って!」

友達の応援する声が響きます。

自分達で田植えをし、稲刈りをする経験は

普段の生活の中で経験できないとても貴重なことです。

子ども達はその事を感じ、丁寧にそして慎重に稲刈りをしていました。

 

やったぁ!できた!

お米が食べられるようになるまで、

まだいくつかの工程(乾燥・脱穀・精米)を踏まなければなりません。

毎日食べているお米が食卓に並ぶまで

こんなに長い月日と手間が掛かるのですね。

むしゃむしゃ農園で食物を育てる大変さを感じ、

食物を育ててくれている方へのありがたさや

食物の大切さも共に感じているようでした。

お米を乾燥させ、次は脱穀です!

『愛の園米』はどんな味がするのか楽しみですね♪

 

こんな出会いも♡

あ、コオロギだ♪

 


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報