2017年12月7日

自分達でやってみよう!

  • 年長組
  • 発表会

発表会リハーサルを終え、

各クラス新たな目標に向かい取り組んでいます。

 

年長組の部屋を通りかかると

廊下やテラスで劇遊びの練習をしているグループに出会いました。

台詞の書いた紙を見ながら自分達で練習を進めていたのです。

劇遊びのお話は幾つかの幕(場面)に分かれていて、

役を交代しながら話を繋げています。

幕毎に練習ができるようにと部屋には、幕毎の脚本を準備していて

子ども達が手に取っていつでも見れます。

 

脚本を手に取って

自分達で練習をしてみよう!


同じ幕の友達が集まり、

まずは台詞の確認をしてから動いてみます。

(字を一文字一文字読み、読めない字があると友達と教え合っていました。)

どのように台詞を言うのか、

その時どう動くのか等友達と相談。

劇場ごっこの経験が劇遊びの取り組みに繋がっているようです。

「今ここだよ。」

「私が言った後に○○くんが言ってね。」

「わかった!やってみる。」

皆が頭を寄せ合い相談中。

これは『おろち』の動きを考えているところです。

『おろち』は架空の生き物なのでイメージを持つのが難しく

絵本を見てイメージを再度深めていました。

「クラーケンみたいに動くのかな?(運動会で表現したダイオウイカの事です)」

色んな意見が飛び交っていました。

どんな表現になったのでしょう…

 

このクラスはトラの表現を考え中。

大きな一頭のトラを5人で表現しようと知恵を絞っていました。

「トラに見える?」「う~ん。蛇に見えるよ。」

「そっかぁ。もう一回考えてみるよ。」

考えた事を友達に披露し

気付いた事を言ってもらいました。

子ども達が自ら考える場を大切にし進めています。

 

手芸部の皆さんが作ってくださった衣装を着て

頑張っています!


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報