2018年1月16日

どんど焼きをしました

  • 全体

『どんど焼き』(地域によって呼び名は様々です。)とは

小正月(1月15日)の行事で、

正月の松飾り・しめ縄・書初めなどを燃やすという

日本全国に伝わるお正月の行事です。

正月飾りによって出迎えた歳神様を焼く事によって

炎と共に空に送るという意味合いもあるそうです。

 

また、どんど焼きの煙にあたったり、焼いた団子を食べれば

その1年健康でいられるなどの言い伝えもあり

無病息災・五穀豊穣を祈る民間伝承行事です。

どんど焼きを始める前に『どんど焼き』の由来を教えてもらいました。

みんな真剣な表情で見ていますね。

「白い煙や~」

「ちょっと臭い…」

「煙を(体に)掛けようっと。」

煙♪ 煙♪

こっちにきて~

一生懸命煙を体に掛ける子、

匂いを嗅ぐ子、灰になっていく正月飾りをまじまじと見る子

そしてこんな姿も…

「元気に過ごせますように…」

様々な子ども達の姿がありました。

 

日本の伝統行事の由来を伝え、大切にしていきたいです。

お正月飾りを焼いた後の灰を家の四隅に積み、

家内安全・無病息災を願う習わしもあります。

(地域によって習わしも様々です。)


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報