2018年4月3日

涙から始まり… ~1・2歳児クラス~

  • ぱんだ・こあら組

昨日の『はじまりの会』を終え、

お家の方と離れて過ごす登園日の1日目。

 

「おはようございます。」

ぱんだ・こあらぐみが元気に登園です。

可愛い靴が並んでいます♡

 

どんな一日になるのでしょうか😊

みんなが揃い、ぱんだ・こあらぐみのスタートです。

朝の支度を終え、お家の方が部屋を出ていくと

「ママ~」と泣き叫ぶ声。

大好きなお母さんと離れるのか悲しく

涙がポロポロ出て止まりません。

お家の方と離れて過ごすのが初めての子、

新しい環境に不安を感じる子等様々な姿がありました。

先生達は安心できるようにと

子どもの気持ちを受け止めながら丁寧に関わっていました。

「大丈夫だよ。」

ふぇ~ん ふぇ~ん

でも…

何?何?

 

時間が経つにつれて「ママ~」の大合唱はおさまり、

少しずつ遊びに興味を持ち始めていました。

「何して遊ぼう?」

朝一番にホームクラスのお兄さん、お姉さんが

部屋へ来てくれて、おもちゃの遊び方を教えてくれました。

「ここをプチプチって繋げると長くなるよ。」

涙はどこへやら… 

ちょっと一休み😊

笑顔が連鎖してお部屋は楽しい雰囲気に♪

そして…

先生の手袋シアターを楽しんだ後、

みんなで食べるおやつの時間。

自分の席にちゃんと座る事ができました!

みんな頑張りました!

モグモグ モグモグ

美味しいね♪

こあらぐみもイスに座ってモグモグモグ♪

おやつを食べエネルギー補給をしたら、

もっと笑顔が増え、みんなで楽しく遊びました。

涙の大合唱から始まった一日でしたが、

時間が経つにつれ笑顔が見られるようになりました。

登園時、まだまだ涙がポロポロ出てしまうかもしれませんが

「幼稚園は楽しい!」と一日でも早く思ってもらえるよう、

また安心して過ごせるように関わっていきたいです。

泣いている姿、笑っている姿、遊んでいる姿…

どの姿も可愛く愛おしい姿でした。

 

降園時間

自分のマークを見つけ、上靴をなおしたり、

外靴を自分で履くぱんだぐみさん。

『自分でできるよ!』

「すごいね。」

とお家の方に褒めてもらい大喜びでした。

「できる!」「やってみたい!」の気持ちを

幼稚園でもどんどん出していけるようにしたいです。

ぱんだ・こあらぐみの皆さん!

明日も待っていますね♪


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報