2018年7月4日

田植えをしました

  • 年長組
  • 畑・田んぼプロジェクト

5月から始まっていた年長組のお米作り。

 

5月中旬頃

種籾(たねもみ…種子としてまく為に選んだ籾)を水に付けて

芽が出るのを毎日観察。

「あっ、白いの(芽)が出てきた!」

種籾から芽が出てくる不思議、

芽が育つ喜びや様々な発見…

お米作りへの期待がどんどん高まっていきました。

5月17日

5月22日

芽がどんどん長く大きくなり

肥料を混ぜた苗床にまきました。

 

むしゃむしゃ農園の片隅ですくすく育ち…

立派な苗になりました。

 

 

そして昨日、田植えをしました。

苗を植えよう!

わくわく♪

楽しみ~

どっちの苗が大きい?

どうやって苗を植えるのか

まずは先生のお手本を見ました。

「苗が倒れないようにギュッと植えるんだよ。」

「お尻が汚れないように腰を上げてね。」

ではやってみよう!

田んぼにそ~っと入ろう。

「うわぁ、ヌルヌルやぁ~」

「足が抜けないよ~」

みんな大騒ぎ。

ふぅ~

悪戦苦闘しながら苗を植える場所に到着。

田植えにチャレンジ!

「ここに植えるのかな。」

「やってみるで。」「うん。」

みんなでせ~の~

苗を植える際、

泥に入るズボッという感触を楽しみながら

一生懸命植えていました。

おっと!

かがみ過ぎて頭が田んぼに浸かっちゃうよ。

気を付けてね。

みんな田植えに集中。

美味しいお米ができますように

 

苗を植え終え田んぼを出ようとすると…

「足が抜けないよ~」

「待って!手伝ってあげる!」

「せ~の!」

ズボッ!

「やったぁ!」

「ありがとう。」

足が泥から抜けず困っている友達をみんなで救出。

「一緒に行こうね。」

お泊まり保育後、

色んな場面で友達との繋がりを感じました。

 

子ども達にとって、とても貴重な経験ができました。

自分達の手でお米を育てる事で

お米作りの大変さ、食べ物の大切さを

改めて感じる機会になればと願っています。

一つ一つの豊かな体験を大切にし、

子ども達の心の育ちに繋げていきたいです。

 


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報