2018年12月20日

おせち料理って? 何?

  • 全体

今朝、登園してくるや否や

「おはようございます!サンタさんから貰ったプレゼントは

かるただったよ。楽しく遊んだよ。」

「昨日のサンタさんはもう帰ったのかなぁ。」

「サンタさんのソリはどこかに置いてないかなぁ。」

「ケーキはね(家族)みんなで分けて食べたよ。」

「美味しかったよ♡」等々

子ども達は昨日のクリスマス会の楽しかった思いや

サンタさんから貰ったプレゼントについて

とびきりの笑顔で話してくれました。

12月25日のクリスマスも楽しみで仕方がない様子です。

(ホームクラスのみんなが作ったクリスマス装飾)

 

そのクリスマスを終えると、大晦日

そして新しい年を迎えます。

今日はお正月に食べるおせち料理のお話を聞きました。

副園長先生手作りのおせちの見本。

本物のおせち料理のようですね。

おせち料理の一つ一つに意味があり、

色んな願いが込められています。

その意味や願いを分かりやすく教えてもらいました。

「これは重箱と言って、

この重箱の中にお正月に食べるおせち料理を入れます。

この重箱は一段だけど

お家によって二段や三段の重箱もあります。

おせち料理には色んな願いが込められているので

今からお話しますね。」

副園長先生が重箱の蓋を開けた瞬間…

「わぁ!」

この表情です。

これは海老です。

海老は腰が曲がっているので

腰が曲がるくらい(お爺さん、お婆さんになるくらい)まで

長生き出来ますようにと言う願いが込められています。

その他、数の子・きんとん・伊達巻き・黒豆等

それぞれの料理のお話を聞きました。

「黒豆食べた事あるよ!」

へぇ~、そんな意味があるんだ。

お正月に食べるおせち料理に興味が深まり

「食べてみたい!」と食べる事が楽しみになったようです。

 

おせちを食べる意味や願いに触れた子ども達です。

ご家庭でもおせち料理の話をしながら

楽しんで食べて頂けたらと思います。

 

は~やく こいこい おしょうがつ♪

 


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報