2019年2月25日

愛の園ラグビ―大会 <予選>

  • 年長組

年長組は球技大会として、幼児ラグビー

『愛の園ラグビ―』を行います。

この『愛の園ラグビー』は元々あった幼児向けラグビーを

年長児が思いっきり力を発揮できるように、

試行錯誤の中で愛の園流に変更を加えたものです。

一試合しただけで、どの子も額に汗をかく程の運動量です。

ドッヂボールでは、ボールは取った人のものですが、

この『愛の園ラグビー』ではボールは取った人のものではなく

チームのもの。

まさに「One for All All for One

(一人は皆の為に、皆は一人(勝利)の為に!)」です。

 

2月22日(金)、2月25日(月)の2日間

行った予選の様子をお伝えします!

<対戦方法>

リーグ戦

(総当たりで全クラスとの対戦で順位を決めます。)

全試合(各クラス5試合となります)を一日で行うのではなく、

3試合を事前に行い、残り2試合を明日の本戦で戦います。

予選開始前にリーグ表の説明。

どうやって他クラスと戦っていくのかを知る事で

見通しが持てます。

「どのクラスも友達と気持ちを一つに頑張って欲しい。」

と声を掛けてもらい

「絶対勝つぞ!」「頑張る!」と意気込んでいました。

「たけぐみとふじぐみの試合を始めます!」

「よろしくお願いします!」

勢いのある挨拶で試合開始です。

ボールに食らいつく子ども達。

たくましく、力強い姿です。

 

愛の園ラグビー大会に向け、

クラスで練習に励んできました。

どうやったら得点できるのか、

敵からボールを奪うにはどうすればいいのか、

敵の得点を阻止するにはどうすればいいのか等

クラスで作戦会議を行い取り組んできました。

クラスによって様々な工夫が見られ

ラグビーに対する熱い思いが伝わってきました。

<ルール>

クラスを攻め係、守備(ゴール)係、待機(応援)係

の3つのグループに分けて行います。

攻め係同士がボールを奪い合ったり、

ボールを守る為にボールを取ろうとしている相手の腰を持ち

ボールから引き離したり、

仲間にパスをしたりしながら

自分のチームのゴールの所までボールを運び、

ゴール係にパスします。

ゴール係がパスされたボールを

キャッチする事ができたら得点になります。

係は試合の途中で交代します。

「頑張って!」

「ゴールまで後少し!」

応援にも力が入ります。

試合の合間には作戦会議。

勝つ為にはどうすればいいのか知恵を出し合います。

「頑張るぞ!オーーー!」

試合前にクラスで円陣を組んで気合い入れ。

クラス毎にすごい盛り上がりです。

クラスが一丸となってボールを奪い合います。

 

<タグについて>

子ども達の腰の左右にクラスカラーのタグが付いています。

ボールを持って走っている子は

タグを取られた場合、止まらなけらばなりません。

そして、その場から審判ボールで試合再開となります。

ボールを持って走っている子を

タックルで止めるのではなく、

タグを取る事で止めるのです。

こけてもすぐに立ち上がり走り出します。

粘り強さ、諦めない気持ちが育っています。

パス!

クラスによって色んな作戦があり、

守備係一つ取っても違いがあります。

ゴ―――ル!

「ボールを受け取って!」

 

明日はいよいよラグビー大会本戦。

勝敗を重視するのではなく、

友達との繋がりを大切にしながら

目標を持ち、どう取り組んでいくのかという姿勢が大切です。

クラスが一丸となり戦いに挑む姿をご覧頂けたらと思います。


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報