2019年3月11日

大阪城の不思議 ~大阪城へ②~

  • 園外保育 年長

天守閣入り口には、

『金明水の井戸』

「宝が入っているのかな?」

重要文化財の『金明水の井戸』とは…

1665年に落雷により天守閣は焼失しますが、

この井戸は残り続けました。

なんと深さは33m。

「へぇ~」

目を丸くしながら先生の説明を聞いていました。

 

虎の装飾

「金の鯱や!!」

「大きい!」

金の鯱

「この穴(くぼみ)は何?」

「鉄砲を置いて敵を狙う為のくぼみなんだよ。」

「へぇ~、そうなんだ。」

至る所で昔の人の知恵に感心。

遠足に行く前に

大阪城の事を色々と調べていたので

調べてきた事を確認したり、

新たに知る大阪城の魅力に興味津々でした。

 

天守閣で歴史に触れた後も

まだまだ大阪城の不思議探しは続きます!

大阪城をバックにみんなで記念撮影。

 

続いてやって来たのは『刻印広場』

石の産地を表したもの、大名の家紋を刻んだもの等

様々な模様の刻印が石に刻まれてあり、

どんな模様の刻印があるのか刻印探しを楽しみました。

刻印探しスタート!

「こにあった!」「本当だ。」

「ここにも!」

「不思議な形(模様)だね。」

 

次に…

外堀の七不思議『人面石』探し。

石を積み上げた塀に、人の顔の形をした石(人面石)

があるとの事で

どこにその人面石があるのかみんなで探しました。

探して、探して…

「あった!」

「人の顔に見える!」

この写真の中央にある丸石がその『人面石』です。

 

色んな発見を楽しんだ後は梅林へ。

「ここに小さな芽(蕾)があるよ。」

「もうすぐ咲くのかな~。」

まだ蕾が多く、梅の花を見つけると喜ぶ子ども達でした。

「花びらを見つけた。」

「綺麗な色でしょ。」

 

クラスの友達と楽しく過ごす中で

色んな発見や出会いがあり、

あっという間に時間は過ぎていきました。

帰りの電車で…

「○○ちゃん寝てるね。」

「疲れたのかな?」

「着いたら起こしてあげよう。」「そうしよう。」

「静かにね…」

友達同士の優しい関わりです。

帰りもマナーを守り、無事幼稚園へ帰って来ました。

 

「ただいま」

「おかえりなさい」

「頑張って歩いたね。」

お家の方、先生達の拍手で出迎えてもらい

素敵な笑顔です。

 

楽しかった思いと共に

長い道のりを歩き、無事到着した安心感もあり

〝ほっとした表情”や〝満足気な表情”等々

笑顔の中にも様々な表情がありました。

「大阪城はどうだった?」

「楽しかったよ。

迎えに来てくれてありがとう。」

お家の方に会うなり、

お別れ遠足の感想を一生懸命話す姿が。

子ども達の思いがたくさん溢れていました。

そして、最後に

一年間、お世話になった交通安全部のお母さん方、

遠足の送り迎えをしてくださったお家の方に

感謝の気持ちを伝えました。

 

幼稚園で行く最後の遠足が終わりました。

この一年、色々な所へ行き豊かな体験をする中で

友達との絆が深まり、

楽しい思い出がたくさんできました。

また、年長組はたくさんの距離を歩く遠足が多く、

色んな挑戦がありました。

一つ一つの遠足を経験する度にたくましさが増し、

子ども達の成長を感じ嬉しかったです。

遠足での豊かな体験が

子ども達の心と体を強くたくましくしてくれました。

今後の子ども達の成長が楽しみです。

 


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報