2019年3月13日

蝶々だ… そぉ~っと見よう(年中組・お別れ遠足)

  • 園外保育 年中

年中組が伊丹市にある昆虫館へ

遠足に行きました。

年中組で行く最後の遠足です。

 

お別れ遠足に向けて…

「これカブトムシだ!」

「色んな模様の蝶々がいるんだ。」

「蝶になる前は青虫なんだよ。」

部屋には昆虫についての掲示物が。

遠足当日を迎えるまで

昆虫について興味が深まり、

昆虫館へ行く事に期待が持てるようにと

担任は様々な工夫をしました。

 

ワクワク感が高まり…

お別れ遠足当日!

バスに乗って「いってきまーす!!」

ようこそ

伊丹市昆虫館へ

「どんな蝶々に会えるのかな?」

「楽しみだね。」

昆虫館に着き、

入口でみんなを出迎えてくれたのは…

実物より何倍も大きいハチの模型!!

後ろからボタンを押すと動く仕組みになっているので、

「えっ!動いたよ!」「飛んできそう~」と驚いていました。

 

友達と一緒に館内を探検。

「綺麗な色~」

遠足に行く前に昆虫について色々調べてきたので

知っている事を確認したり、

新たな発見があったりと集中しながら見学していました。

『知的好奇心(知識と理解を深めたいという欲求)』

が育つ瞬間です。

 

その他には…

「僕達もバッタに変身!」

展示室にはたくさんの虫の標本や写真があり、

知っている虫を見つけると大喜びの子ども達。

各クラスの昆虫博士がいて、

虫の名前を教えてくれる姿もありました。

虫を触ってみよう♪

「○○ちゃん、すごい!」

「怖くないの?」

「うん。」

ツンツン

「あっ!動いた!」「あおむし~!!」「つるつる~!!」

蝶々の幼虫等に触れ合えるコーナーもあり、

どきどきしながらも友達と一緒なら!と

楽しく触れ合う事ができました。

映像コーナーでは、

様々な昆虫の赤ちゃんの誕生する瞬間などが映っていて

めったに見ることができない貴重な映像に、

みんな釘付け。

 

そして、約800匹もの蝶が飛び交う温室へ…

「蝶々はどこかな?」

「どこどこ…」

「あっ… 見つけたよ。」

「あ!あそこに蝶々!」

「口からストロー伸ばしてる!!」

「花の蜜を吸っているんだよ!」

「お花のジュースだね。」

「どんな味なんだろう?」

飛んで行かないで…

そっと見よう…

「あっ!先生のリュックに蝶々!」

服に蝶々がとまり、リボンの飾りみたい♪

 

四方八方から迫りくる蝶に

「きゃー!」「わぁー!」と驚きながらも

友達とぎゅっと手を繋いで進んで行く姿は

とても可愛らしかったです。

 

昆虫館でたっぷり遊んだ後は…

 

朝からずっと楽しみにしていたお昼ご飯!

「みてみて!たこさんウインナー」

「おいしいね~♪」

お家の方の愛情がたっぷり詰まったお弁当を

喜んで食べていました。

(朝早くから弁当を作ってくださり、

ありがとうございました。)

 

年中組での園外保育はこれで最後となりました。

振り返ってみると、

様々な所へ園外保育に行きました。

行った先で色んな出会いや発見があり

子ども達の「なぜ?」「どうして?」「もっと知りたい!」

と物事に対する興味が深まったように感じます。

年長組でも様々な所へ行き、たくさんの人や自然と触れ合い、

心も身体も強くたくましく成長していって欲しいです。

 

その後…

「お花の蜜を吸おう♪」

「おいし~い♪」

昆虫館で見た蝶々を思い出し、蝶々を作成。

花壇のお花の蜜を吸ったり、

園庭で蝶々遊びを楽しんでいました。

経験した事が次の遊びへと広がっています。

 


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報