2016年10月18日

第62回 運動会 ④ ~中・少かけっこ&親子サーキット&ぱんだぐみ~

  • 全体

プログラム② 

年中組のかけっこ

『ぐんぐん走って ゴールへGON!』

041 042

日々の遊びで友達や年長組とかけっこをする中で、

初めは自分なりにゴールを目指し楽しんでいた姿から

「友達・年長組に負けないぞ!」という競争心が芽生えてきました。

競争心が芽生える事で‶勝つ喜び”

‶負ける悔しさ”‶悔しい思いから、乗り越え前に進む強さ”等

様々な感情が育ち、走る姿だけではなく子ども達の顔つきも違ってきました。

運動会本番での子ども達の姿から、

そんな育ちを感じて頂けたのではないでしょうか。

040

ゴールを目指して 走る 走る

039

ゴールまであと少し!

038

ゴーーール

043

「〇〇くん、頑張れーー!」

友達の声援で走る力も倍増に!

 

プログラム③

2歳児ぱんだぐみの親子かけっこ

『おさるに変身 ぶ~らぶら♪』

047

ウッキー

ぱんだぐみさんが可愛いお猿に変身して、

鉄棒にぶら下がり、その後お家の方と一緒にかけっこをしました。

普段の遊びで楽しんでいる‶ぶら下がり遊び”を

お家の方に見て頂き、とても嬉しそうでした。

048

見て!片手でもぶらぶらできるよ♪

044

 045

ゴールではタンバリンにタッチ

和やかな雰囲気の中での親子かけっこでした。

 

プログラム④

年長組の親子サーキット

『ジャングルをかけぬけろ!!ウルトラタイガー!』

今年度は、サーキットと親子競技を融合した『親子サーキット』です。

子ども達が跳び箱・鉄棒に挑戦した後、お家の方と一緒にサーキットに挑みます。

 

挑戦1 跳び箱

049

年長組になり、本格的に取り組み出した跳び箱。

初めは踏み切るタイミングが分からず、なかなか跳べず

悔しい思いをする日もありましたが、毎日諦めずに挑戦してきました。

跳び箱や鉄棒に挑戦する中で教え合ったり、励まし合ったり、

出来た時に共に喜び合う友達の存在が大きかったようです。

本番では子ども達の日々の努力を感じ、

挑戦する姿や真剣な表情を間近で見て頂けたことと思います。

 

挑戦2 鉄棒

052

 

挑戦3 手押し車

051

挑戦3・挑戦4は親子でのサーキットです。

手押し車では子どもの進むスピードと

お家の方の前に進むスピードが合わないと先へ進めません。

皆さん、前へ進むタイミングはバッチリでした。

ご家庭でも是非挑戦してみてください!

 

挑戦4 棒を使って運ぼう!

050 053

障害物にぶつからないように…  ぐっと足をあげて!

腕の力で身体を棒に引き上げる力が(鉄棒の)逆上がりの基本的な動きに繋がります。

 

棒にぶら下がった子ども達を運ぶ際、

子ども達の成長をひしひしと感じて頂けたのではないでしょうか。

小学生になるともう無理ですね きっと、今年限りです。

一生懸命に運んでくださり、ありがとうございました。

(筋肉痛にはならなかったですか?)

 

プログラム⑤

年少組のかけっこ

『みてみて 走るのはやいでしょ♪』

055

年中組はゴールテープに向かい走るのですが年少組は…

054

大好きな先生に向かって走っていきます。

056

062

先生、待っててね~

059 057

もうすぐ♡

058

先生にギュっと抱きしめてもらい、とびきり笑顔の年少組でした。

061

年少組は友達と競うという事より、

力一杯走る、目的に向かって走る事を楽しんでいます。

学年によって、走る事への思いや楽しみ方が違うんですね。

060

「こっちに並ぶんだよ。」

ゴールでは、年長組のお助けマンが並べるお手伝いをしてくれていました。

年長組さん、優しく教えてくれてありがとう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報