2018年11月16日

避難訓練をしました

  • 全体

本日、地震が起きたと想定して避難訓練を行いました。

園長先生からの園内放送。

「地震が起こりました。これは練習です。

皆さん先生の話をしっかりと聞き、

北グラウンドに避難してください。

かえる門が倒れて通れなくなっています。

危険のないように避難してください。」

突然の園内放送で(何時に避難訓練をするのかは

担任には知らせていません)、

地震の情報、門が倒壊したとの情報を聞き

担任は瞬時に判断して子ども達の安全を確保しました。

園庭で遊んでいる子は素早く園庭の中央に避難

室内にいる子達も部屋の中央で

落下物から頭や体を守る態勢をとっていました。

揺れがおさまった事(想定)を確認し、

北グラウンドに避難します。

先生の指示をしっかりと聞き、

どう避難すれば良いのか考えながら

一生懸命取り組んでいました。

ぱんだぐみ、こあらぐみ、どんぐりぐみも

本館3階から安全面に配慮しながら避難します。

(皆さんから頂いたおんぶ紐を活用しています。

ご協力頂いた皆さん、ありがとうございました。)

避難車に乗って北グラウンドへ。

ドキドキする中、泣いたり騒いだりせずに

頑張って避難する事ができました。

北グラウンドに到着すると

皆が無事に避難できたか確認。

担任が点呼する間、園長先生の話を聞く間と

静かに、そして真剣な表情で臨む姿から

『命を守る為の大切な訓練である事』を

一人ひとりが感じているんだということが

伝わってきました。

『お・は・し・も・く』

「お」…押さない

「は」…走らない

「し」…しゃべらない

「も」…戻らない

「く」…靴を履き替えない

前回の避難訓練で教えてもらった大切な約束事も

しっかりと覚えていました。

 

いつ何時、地震や火災が起こるか分かりません。

子ども達自身が避難訓練で学んだ事を活かし

大切な命を守っていけるよう

そして何より、職員が状況に応じて瞬時に判断し

子ども達を守っていけるようにしたいです。

放課後、職員で本日の避難訓練を振り返り

反省会を行いました。

今回出た反省点を再度見つめ直し、改善していきたいです。


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報