2018年6月11日

蝶々さん元気でね~

  • 年中組

4月下旬、年中組が南グラウンドで葉っぱについた

小さな小さな卵を見つけました。

ちっちゃいね~

「何の卵だろう!」と

図鑑で調べ、アゲハ蝶の卵だと知り

クラスで大切に育てる事にしました。

柑橘系の木の葉を取ってきて

その葉が枯れないようにと霧吹きで湿らせます。

子ども達が大切に大切にお世話。

毎朝、卵をチェックしていると

「あっ!黒い小さい虫になった。」

「昨日より大きくなった。」

「緑色になってきた。」等

変化に気付き、

友達と伝え合い喜ぶ姿がありました。

貴重な経験ですね。

 

そして6月7日!

幼虫が羽化し、立派なアゲハ蝶になりました。

小さいケースの中だと可哀想だと

逃がしてあげる事にしました。

「蝶々さん元気でね~」

「また遊びに来てね~」

「バイバイ!」

大切に大切にお世話してきたアゲハ蝶の巣立ちを

笑顔で見送りました。

「葉っぱにとまった!」

園庭の木の葉にとまり、

羽を休めるアゲハ蝶をじっと見守る子ども達。

その場からなかなか離れられません。

翌日もアゲハ蝶を見ようと木を見上げる姿があり、

アゲハ蝶に対する思いが伝わってきました。

 

アゲハ蝶を育てる中で

育っていく過程を知れたり、色んな気付きがありました。

そして何より

愛着を持って大切にお世話するという心の育ち

が感じられました。

 

とても大切で素敵な経験ができました。

 

 

 


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報