2019年2月1日

おには~そと~ ふくは~うち~ 

  • 全体

2月3日(日)は節分です。

一足早く『豆まき会』をしました。

「幼稚園に鬼がやって来るんだって。

鬼が嫌いな豆をみんなで作ろう。』

新聞紙を丸めて豆作り。

「鬼が来ても大丈夫だね。」

 

そして、豆まき会の時間に…

「鬼だぞ~ぅ。」

各学年、自分で作ったお面を付けて

体育館に集まって来ました。

ぱんだ・こあらぐみ、どんぐりぐみも

可愛い鬼に変身♡

色んな表情の素敵な鬼です。

 

まず初めに『節分』の由来を聞きました。

節分とは・・・

各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日の事。

「季節を分ける」事を意味しています。

一般的には「鬼は外、福は内」と声を出しながら

煎り大豆を撒いて年齢の数だけ(もしくは1つ多く)

豆を食べる厄除けを行います。

また、邪気除けの柊・鰯等を飾ります。

 

由来の話を聞き終え、わくわくしながら待っていると…

太鼓の音が聞こえ…

赤・青・黄色の鬼が!

「キャー」

「鬼ー!!!」

鬼の登場にビックリする声。

中には…

「怖いよ~」

「鬼嫌だ。」「怖いよ~」

鬼の怖さに泣いてしまう子、

先生にくっつき隠れる子もいました。

怒りんぼ鬼・いじわる鬼・泣き虫鬼

「みんなの心の中にいる鬼が出てきたよ。」

「豆まきをして鬼をやっつけよう!」

裃姿の園長先生の掛け声と共に

みんなで!

「鬼は外~ 福は内~」

「鬼は外~ 福は内~」

みんなで鬼をやっつけました。

鬼の苦手な鰯や柊の話、

恵方巻の話を聞き『豆まき会』が終わりました。

 

「怖かったね。」

「一緒に帰ろうね。」「うん。」

 

鬼が去りほっとした子ども達ですが…

実はこの後、

富松神社から再び鬼がやってきました。

各クラスでどんなドラマがあったのかは

次のブログでお伝えします。


  • 園の紹介

  • 園生活について

  • 子育て支援

  • 入園の案内

  • 園の行事

  • 採用情報